スズキエブリイバンで車中泊!自作ベット作成キャンピングカー仕様

キャンピングカー カムロード ナッツRVのクレソン  

キャンピングカー カムロード ナッツRVのクレソンが無事に嫁ぎ先に引渡しを済ませ、新オーナーのもとで新たな活躍をしていると思います。

さて、私は若干の寂しさを感じながらも何かしたくなるタイプですので 始まりました!

【スズキエブリイバンで車中泊用自作ベット作成、プチキャンピングカー仕様!】

今回は私の専用車スズキエブリイバン(ワゴンでも)で車中泊を可能にしました、と言っても簡単な方法ですが。

ご紹介します、まず始めに走行用バッテリーの隣にサブバッテリーを積載しました。

スズキエブリイバッテリー

荷室のマットをめくると、ノーマルバッテリーが積まれています。走行用バッテリーは下回りからの汚れなどを防止の為か、黒いカバーで覆われています、そのカバーは撤去します。地面が見えるようになります。

次に、ノーマルの走行用バッテリーの向きを縦に向けて、同じ大きさのサブバッテリーと並べれば綺麗に収まり室内へ置かずに室内は有効に使えるというわけですな。

BTスズキエブリイバン(ワゴン)サブバッテリー

配線の説明は省略します。何故なら、取り付けは専門家に行っていただいたので、詳しくはわかりません(笑)

バッテリー通販yahooショップ

 

次に、サブバッテリーより室内灯を設置、これでエンジン停止中でも趣味の読書が可能です。LEDライトは明るいですね。

軽キャンピングカー室内灯スズキエブリイバンワゴン

 

次に、快適に睡眠できるように自作ベットの製作です、まずホームセンターなどで売られているアクリル収納ケースを購入2個!使い方によっては4個でも。これがベット下の収納個になります。

アクリル収納ケース車中泊

購入時には高さに注意してくださいね。

ついでにホームセンターでベットのベースになる板を購入!厚みは体重と相談して決めるほうが良いですね。サイズ60cm*90cmを4枚。

4枚がみそなんです。このように走行時は4人乗車が可能ですから。

エブリイキャンピングカーベット自作

そうそう、下の写真でわかると思いますが、住宅建材で床下の支えに使われるプラ束です、3本あれば良いかな。高さ調節機能つきがお勧め。

車中泊ベット自作プラ束

こんな感じです、アクリル収納ケースを2個にしてプラ束で支えてます。

後は、運転席助手席とセカンドシートを倒して板を2枚前に滑らせれば自作ベットのベースが完成!

エブリイ自作ベット

エブルの場合、セカンドシートを足元にたためますが、その場合は車の床面がベットの高さになります。安定はしますが荷物の積載を考慮するとセカンドシートを倒した高さにするパターンがお勧めです。この隙間にゴルフバックも入ります。

 

キャンプ用のマット、寝袋をひいてベットの完成。

寝袋 シュラフ車中泊スズキエブリイ

大人2人、子供1人位は充分に寝られますよ。

私は、1人で仕事の出張(お酒のお付き合い)やゴルフ遠征で泊りが多いので片側のみをベットに展開してゴルフバックを(恋人も可)抱いて寝てます。何時でもP泊出来て全国どこへでも出動可能に成りました。

そうだ、これで快眠できますが 大きな口あけて寝るのにはカーテンも忘れずに(笑)

車中泊グッツ購入一覧

寝袋 シュラフ購入一覧

 

 

コメントを残す