トライファスバシレウスZ シャフト延長

トライファスバシレウスZ70Sを愛用してハヤ8ヶ月が経ちました!

飽きっぽい私が未だに使い続けているのは珍しく、日々満足してます。しかしビックリ! トライファスさんのHP見たら

トライファスバシレウスプロスペックが3月に発売されてたとは、そして7月には、TRIαSのBasileusシリーズにユーティリティー専用シャフト【Basileus UT(バシレウス UT)】が新たに加わりました。私の視野は狭すぎでした!

さて、新型に興味は有るものの 基本的にはBasileus Zとトルクも同じで、今より7gとはいえ、プロスペック重量が77gではチット重く。お財布は既に軽いぜ(笑)

 

さてと、今日はトライファスバシレウスZ70Sのシャフト延長!

SYBのP7との組合せも私のスイングにはピッタリですが、つかまりの良いヘッドにもかかわらず少々フェード気味になり距離が伸びないので力みがちに成ってしまう。原因はミート率を上げるため私の体格では少し短めの45.375インチでライ角が60度に満たないと思われる、なので1インチ伸ばして見ることにした、出来上がりは46.3インチ。

トライファスバシレウスZ70S

まずは、今のグリップをはずします。注)バシレウスの塗装は特殊で、テープを剥がすときゆっくりと慎重に行わないと塗装がはがれます。グリップに隠れるので問題は有りませんが、リシャフトでヘッド交換は出来ませんね。

 トライファスバシレウスZ70S  

私のも前回のグリップ交換の時に少し剥がれました。

延長用のエクステーションは、カーボン用のエクステーションだとシャフトの内径よりもサイズが小さすぎて遊びが大きすぎます。アイアン用のプラスチック1.0インチエクステーションをヤスリで削ります。これでピッタリフィット!シャフトとの外径も丁度良く段差も出来ません。バシレウスは肉厚が薄いためだと思います。

エクステーションやヘッドの接着には、ミラクルエース!このセメダインは速乾性で扱いやすくて良いですよ!

セメダインミラクルエース

二種類同量を混ぜ混ぜして シャフト内側とエクステーション外側に塗り塗りします。隙間がほとんど無いので薄く薄くです。

 

セメダインミラクルエース

ピッタリフィットで差し込んだら 2時間ほど放置!

ヘッドの接着も 午前中に接着すれば夕方にはバシバシ打てますから。

あとは、グリップを差し込めば出来上がりです。

完成スペックは、長さ46.25インチ  総重量319g  ヘッドバランスD4.5でした。長すぎかな?さて試打してきます。

トライファスバシレウスZ シャフト延長試打レポート

Comments are closed.