トライファスバシレウスZ シャフト延長 試打

トライファスバシレウスZ シャフト延長したので早速試打しました。

完成スペックは、長さ46.25インチ  総重量319g  ヘッドバランスD4.5でした。長すぎたかなと思いましたが、予想通りに長かったようです(笑)。

しかし想定内の事で、狙いはフェードに成ってしまい距離が伸びない事の改善、ライカクをアップライトにしたかったので結果としては大成功!

試打開始の感じは、ストレートの球で飛距離も延びています。

何球も打ち込んでいくと 長くなった分振り遅れの現象が出ます。次に振り遅れをカバーしようとすると左右に散らかりました!(当り前)

何で成功かと?

1インチ伸ばして長すぎるのは承知していました、グリップエンドの向きを意識して方向性を高めたスイングをしたかったので、1インチ伸ばしましたが、グリップエンドをしこし残し短めに握ると 実質25.8インチぐらいになり、バランスもD3位に成ると思います。ドライバーヘッドのサイブPRELITY 7は重量194gと軽めでSYB試打会では長尺シャフトの設定もありますから間を取って丁度良いかも知れません。完全長尺でセッティングするなら、シャフトスペックは、Basiléus Z 60Xがピッタリ来そうです。

次回のラウンドが楽しみに成って来ました!ラウンド後にラウンドレポートUPします!

Comments are closed.