群馬県丸沼高原スキー場 初すべり、ゲレンデ情報!そして温泉

 

 

今日は昨日の続きで、群馬県にある丸沼高原スキー場のゲレンデ情報!

関越自動車道沼田インターから国道120号線を尾瀬、日光方面へ約60分。営業期間は、初滑りの11月下旬からゴールデンウィークまで!標高1400mから2000mの高地にあり、約半年間のロングシーズン楽しめるスキー場。

 千葉からは約230KM ゆっくり走って車で関越自動車道赤城高原サービスエリアまで3時間、仮眠後 朝焼けの中丸沼高原へ約60分!

赤城高原サービスエリア

丸沼高原スキー場雪道

途中雪はほとんど有りませんでしたが、スキー場入口付近には雪が積もり 凍結路もありますから、必ず滑り止めの準備をしてください。

丸沼高原スキー場センター

有料ですがチビがいるのでセンターハウス前に車を止て、朝食!

IMG_2948 IMG_2949

もちろん車内で調理、温めるだけですが(笑)

スキーで車中泊もそうですが、それなりの装備をした車で調理もしてくださいね。

スキー場の駐車場へ夜中に到着して、氷点下の中、エンジンを掛けて暖房を付けっぱなしで仮眠は、排気ガスが車内に入り込み大変危険です、私の車両はサブバッテリーを装備してエンジン以外で暖を取る事が出来ます。社内で卓上コンロも調理台のスペースが充分にあり窓を開ける以外にルーフベント(換気扇)も装備していますよ。

IMG_2956

若い時は、北海道でも無茶もしていましたが、今考えると恐ろしいですね。

さて、シーズン始のスキーは大概時間がかかります。未就学チビはレンタルスキーを借りてスキー初挑戦!

中高の娘は 昨シーズンに買ったスキー靴が合わず、靴だけ追加でレンタル、おいおいもう時間は11時に(笑)

丸沼高原スキー場

本日滑走可能なゲレンデは4コース、ですが我が家は初級コースだけでいいので正面の一面だけで(笑)

それでも怖いと 中高生たち。

 

2311552422

未就学チビは初めて挑戦なので、リフトに乗らず下のほうで引っ張ってはすべりをしていましたが、全然物足りずにリフトデビュー!

まあ、少し急な斜面も最初は抱っこして滑りましたが、終わりの方は転びながらですが「あと少しだ」と言いながら平気な顔で笑いながら滑っていました。親は無くとも子は育つと実感した瞬間でした(笑)

未就学の子どものリフトが無料や、リフトの係りの方も手助けいただけるので 小さな子どもを連れて行くのには良いスキー場だと思います。

夕方は3時に片付けてスキー場に併設の座禅温泉に入るかなと思ってましたが、来る途中も温泉街、行きに目をつけた 日光白根山のふもとに湧く秘湯 白根温泉へ

 

白根温泉加羅倉館

向かいに有る旅館で 入浴料を支払い

加羅倉館 加羅倉館入浴

 

IMG_2967

白根温泉効能 

先客は地元のおじさん2名、話しながら 熱めのお湯へゆっくりと、

泉質は単純温泉、源泉の温度62℃、ナトリウムと硫酸イオンが多いので芒硝泉系のお湯

IMG_2971

良い温泉を見つけたと思って ネットで検索したら、

白根温泉は日本百名山のひとつ日光白根山のふもと、大滝川のせまい渓谷に湧く温泉である。
温泉の歴史は約360年。江戸時代初期の文献にはその名が載っていおり、古くから湯治場として使われていたところだ。
秘湯の一軒宿「加羅倉館」は昭和5年の創業、7部屋だけの小さな宿である。しかし、この川沿いにある古い木造の建物は白根温泉のシンボルとして親しまれてきた。

ヤッパリ良い温泉でした!

 

Comments are closed.