成田東カントリークラブ(千葉県香取市)ラウンド日記2011年11月30日

去年は夏の早朝プレーが好きでよく行きましたが芝のメンテナンスが悪く、今年の春ごろに行ったっきりでした。以前はフェアウェーはアナだらけでグリーンもディポット、芝枯れ等でラウンド自体つまらなく悪いイメージに成りましたが。昨日は目土がされておりグリーンもきれいに整備されてありました。
練習グリーンは3面有り通常2面は使用可能です、ドライブレンジは充分距離もあり広いです。しかしIN10・11番ホールに挟まれているので10・11番のティーショットは左に引っ掛けると自分のボールが練習ボールにまぎれて分からなくなりますよ。

成田東1 スタート1番ホールは谷越え左ドックのミドル、ティーショットうまく行ったことが無い、案の定右バンカーの右側へ落ちていった。そこで見慣れない緑白杭これは(?_?)、コースガイドを見ても記載が無いので出すだけショットで3オン2パットでホールアウト。しかし本当は、カートにでっかく張ってありました、皆さん注意してくださいね。

4番ショートホールの池が無くなっていました、他にも圧迫感のある木などは少なく成っていました。

グリーンは表面のみやわらかく 意外と止まらない、傾斜が微妙にありパットは悩むと思います。

バンカーも良質の砂ではないがきれいに整備されていたので 珍しく2度打ちは無かった。

結局43+45で上手く回れた方だと思います。
もともとのコース設計はすばらしいコースなので初心者から上級者まで楽しめるコースです。

プレーヤーのマナーにも問題有りと思いますが、集客方法とかで客層のターゲットである程度変わるのかなと思います。
私みたいに無駄に穴掘ってしまうゴルファーの皆さん、自分の掘った穴ぐらいはお詫びに砂を入れましょうね!

コメントを残す